予防医療センター

  1. HOME

地域の皆様一人ひとりに合った
科学的根拠のある先進的な
予防医療を目指しています。

センター長あいさつ

「治療から予防へ」

予防医療センターは平成4年6月に「健康管理センター」が開設されたことでスタートしました。その後、超高齢化社会の到来から「予防医療の重要性」が叫ばれるようになり、平成29年4月1日に1つの施設として独立しました。

わが国の医療は2025年に向かって後期高齢者がますます増加していく中で、「治療から予防へ」とパラダイムシフトし、健康長寿の延伸を目指さなくてはなりません。

その中で、人間ドックや健康診断は欠かすことができません。実施の目的は、病気を引き起こす可能性のある「生活習慣」を、体の異常が発生する前に「見直し」を行ったり、命に関わる「がん」などの病気が無いかを「定期的に確かめる」事にあります。

予防医療センター センター長

大川 智彦

「一人ひとりに適した検査を」

当センターでは「人間ドック」や職場の「定期健康診断」地域の「がん検診」「基本健康診査」「予防接種」の実施はもちろん、科学的根拠のある様々な「オプション検査」もご用意しております。

皆様一人ひとりに適した検査の実施を心掛けると共に、検査結果の判定を通して二次検査(精密検査)への勧奨や指導も行っています。

人間ドックや健康診断を過信してはいけませんが、ご自身の生活習慣を理解し、自分に適した受診を心がけることが大切です。

皆様の健康を総合的にサポートする体制づくりに取り組み、皆様に選ばれる医療機関を目指しています。気になる事などございましたら気軽にご相談ください。

予防医療センター センター長

大川 智彦

センターの理念と指針

理念

市民の安心・安全・満足を旨とした人間ドック健診・健康診断・予防接種等を実践し、
生活習慣病予防・がん予防と早期発見・認知症予防を通じて、
地域住民の方々の健康寿命の延伸と健康保持増進に貢献する。

指針

  • ・利用者(受診者)さまのご要望に耳を傾け、よく聴く。
  • ・利用者(受診者)さまに人間ドック・健診等の目的や検査・診察内容をわかりやすく説明しご案内する。
  • ・利用者(受診者)さまの健康情報を丁寧に説明し、これからの健康保持・増進に役立ててもらう。
  • ・常に、科学的根拠のある先進的な人間ドック健診等を実施するため、すべての職員が専門職としての厳しい研さんを積む。
  • ・利用者(受診者)さまへ正しい情報を提供するための研修・教育・講演などを行なう。
  • ・利用者(受診者)さまの個人情報の秘密保持に努める。

利用者(受診者)さまの権利と義務

わたしたち予防医療センター職員は、予防医療センターの理念のもと、安心、安全、満足の得られる健康診断を行うため、「利用者(受診者)さまの権利と義務」を明らかにし、これを尊重します。

  • ●一人一人の人間として大切に扱われ、契約に基づく良質な健康診断を受けることが出来ます。
  • ●健康診断の実施内容について、必要な説明や情報を求め、検査方法などを自らの意思で決める事が出来ます。
  • ●健康診断の結果について、他の健診施設及び他の医療施設の医師の意見を求める事が出来ます。
  • ●ご自身の健康に関する情報を求め、ご自身の意見を述べる事が出来ます。
  • ●個人に関する情報は保護され、プライバシーは守られます。

利用者(受診者)さまには以上の権利がありますが、同時に守っていただく義務もありますので、ご協力お願い申し上げます。

  • ●円滑に健康診断が行われるように、今までと現在の健康状況を詳しくお話ください。
  • ●ご自身の健康状況について理解するよう努め、お分かりにならない事は、お尋ねするよう努めてください。
  • ●市民として社会的なルールを尊重し、法律と規則をお守りください。

沿革

               
年次 出来事 説明
昭和49年11月12日
(1974年)
栃木県・県南総合病院開院
平成4年6月
(1992年)
健康管理センター開設 人間ドック・脳ドック・脊髄ドック健診を開始
平成17年2月28日
(2005年)
市町村合併により 佐野市民病院に病院名変更
平成20年10月1日
(2008年)
指定管理制度に移行 指定管理者:医療法人財団青葉会
平成23年4月
(2011年)
健康管理システム更新導入 オーダリングシステム・画像管理システム(PACS)に連携
平成26年2月22日
(2014年)
日本人間ドック学会
人間ドック健診施設機能評価認定(ver.3.0)
平成29年4月1日
(2017年)
予防医療センター開設 (旧健康管理センター)
センター長 大川智彦 就任
医療法人財団青葉会の一施設として独立
平成30年4月1日
(2018年)
指定管理制度満了
医療法人財団青葉会より一般財団法人メディカルセンターに移行(現在に至る)

予防医療センターの特色

  • がん相談室

    平成29年4月より、医療相談の窓口として「がん相談室」を開設しました。主にがんについて(がん予防・がん検診の受け方・がんの基準的治療法・最新のがん治療・セカンドオピニオン)の相談と生活習慣病予防・認知症予防に関するお悩みの相談をお受けしています。ご相談は予防医療センターがん相談室にて、1回20分程度、無料で行います。専門スタッフが一人ひとりの相談に応じます。詳しくはお問合せください。

  • 出張講話

    予防医療センター長大川医師による、出張講話(無料)を行なっております。平成30年度のテーマは、がん・生活習慣病・メタボ対策を中心にお話させていただいております。主に佐野市内で講演していますが、ご要望がありましたら可能な限り他の地域にも出向きます。詳しくはお問合せください。

  • 検査結果について

    検査結果につきましては、受診日当日、医師が診察を行なった後、丁寧にご説明いたします。(ただし、ご報告が後日になる検査項目もあります。)また、受診から2週間ほどで結果報告書をお送りしますので、ご不明な点等ございましたらお気軽にお問合せください。

  • 佐野市民病院との連携

    当センターと佐野市民病院各科専門医との連携による診断・診察が可能です。

  • お食事について

    人間ドックで提供させていただくお食事は、管理栄養士が考えた、体にやさしい献立をご用意しております。日帰りドック(脳ドックも含む)では昼食を、宿泊ドックでは3回のお食事(昼食・夕食・昼食)をお楽しみください。

  • 日本人間ドック学会人間ドック健診
    施設機能評価認定施設

    平成26年2月22日付けで、日本人間ドック学会人間ドック健診施設機能評価の認定施設になりました。この評価は、健診施設を第三者が評価することにより、医療の質の改善と精度向上を目指して、受診者の皆さまに安心して人間ドック健診を受けていただくことを目的としたものです。当センターでは、地域の皆さま一人ひとりに合った科学的根拠のある先進的な予防医療を目指しております。

  • 《 利用時間 》

    平日:8:30 ~ 17:30

    第1・3・5土曜日:8:30 ~ 12:30

    *第2・4土曜日、日曜日、祝祭日、
    年末年始(12/29~1/3)はお休みとなります。

  • 《 お問い合わせ 》

    佐野市民病院 予防医療センター

    FAX:0283-61-1077

    〒327-0317 栃木県佐野市田沼町1832番地1

メールでのお問い合わせはこちら

専用お問い合わせフォーム

page top